Vocaloid@RAG
ボカロをもっと楽しむWebマガジン
search
最終更新日:102,647 view

ボカロの病みソング。病み系・鬱曲・暗い曲

ネット上で公開されているたくさんのボーカロイド曲。

季節やイベント、さまざまな感情や景色をテーマにした曲があって、どんどん新たな曲が見つかりますよね!

そして、中には病みソングと呼ばれるような曲もたくさんあります。

共感できたり、気持ちに寄り添ってくれたり。

何度も何度もくり返し聴きたくなるような曲もあるはずです!

この記事では、ボカロの病みソングをたっぷりと紹介していきますね!

ボカロの深い世界をのぞいてみましょう!

もくじ

【選曲について】この記事は編集部が独自の調査結果を元に作成したものです。掲載順は読者からの「ランキングを上げる」「ランキングを下げる」ボタンなども考慮し毎日更新します。取り上げてほしい曲やおすすめのアーティストがございましたらリクエストフォームよりお知らせください。

ボカロの病みソング。病み系・鬱曲・暗い曲

うみなおしMARETU

第一音から引きつけられてしまうのがこの「うみなおし」です。

ひとことひとことに力があり、歌詞から目をそらせません。

残酷な言葉のはずなのに、好きになってしまう魅力があります。

MARETUには他に「うみたがり」「うまれるまえは」という曲もあるので、そちらもぜひ聴いてほしいです。

コメントを読む・書く

わたしのアール和田たけあき(くらげP)

屋上から飛び降りようとする複数の女の子の物語を歌詞にした楽曲です。

歌詞にいろいろな女の子のそれぞれの悩みが綴られており、興味がひかれます。

自分で感じることと人が感じることに違いがある、ということにあらためて気づかされる神曲です。

コメントを読む・書く

独りんぼエンヴィーkoyori

どこかノスタルジーで影のあるサウンド。

電ポルPことkoyoriの楽曲です。

シンセリフとバンド構成のアレンジが一体となった、クオリティの高い音楽性が印象的。

聴いているとなぜだか、子供たちが公園で遊んでいるのをただただ眺めているような、そんな気分になります。

コメントを読む・書く

自傷無色ねこぼーろ

悩んだらこの曲を聴きましょう。

世界観に引き込まれますよ!

タイトルからも連想できる、透明色のイメージが頭の中に広がる、きれいな楽曲です。

自己嫌悪におちいった主人公の思いがつづられた歌詞は、病みソングの真骨頂といえます。

コメントを読む・書く

てんしょう しょうてんしょうきくお

きくおの13作目となるこの曲は、ボカロオリジナル曲でミリオンを達成している曲のひとつです。

アートワークはしーく、動画はきくおが手がけています。

後半の意味不明な歌詞が気になる方は逆再生してみてください。

言葉が聴こえてきますよ。

ホラー感ただようサウンドですが、それがクセになりますね。

「何度でも聴いていたい」という人も多いのではないでしょうか?

コメントを読む・書く

パラサイト世界の裏側P

病んでいる少女の曲なのに、ミクの声はやさしく聴こえますね。

ベース、ドラムの音色がさわやかなので、耳心地がいいです。

歌詞は後半になるにつれドロドロの病み病みワードがあふれますが、終わったあとはもう一度聴きたいと思ってしまいます。

コメントを読む・書く

ロストワンの号哭Neru

数学の式が解けても、あの子の心は解けない?

漢字が読めても、あの子の心は読めない?

どうしたらいいかわからず葛藤する曲です。

ちなみに、叫びたいときに歌うとスッキリしますよ!

ただ、高音すぎるのでキーを下げることをオススメします。

コメントを読む・書く

アサガオの散る頃にじっぷす

退廃的な歌詞が心に残ります。

しかし、歌詞の内容とは裏腹に裏声がきれいです。

切ない雰囲気を強く感じますね。

サビへのつなぎがとても力強くで、最高のバラード曲だと思います。

感情がそのまま表現されたようなギターの音色もいいですね。

コメントを読む・書く

ペテン師が笑う頃に梨本P

怪しさただようリズムとメロディー。

バンドあらいやかしこのフロントマンとしても活動している梨本Pの楽曲です。

荒々しくゆがんだギターの音色が心をつかんで離してくれません。

歌ってみた動画の曲としても人気の高い、ボカロロックの金字塔です。

コメントを読む・書く

ハイドアンド・シーク19’s Sound Factory

嫌われることが怖くて、本当の自分を他人に見せらずに過ぎた日々。

しかし、誰よりも自分のことを嫌ってたのは自分自身。

いろいろなキャラを演じすぎ、どれが本当の自分かわからなくなったと歌っています。

そろそろ自分で自分のこと認めなければいけなと曲中で着地していますね。

コメントを読む・書く
この記事のタイトルとURLをコピーする

おすすめの記事あわせて読みたい

コメントを読む・書く